先輩ママが実践した、赤ちゃん喜ぶダイエット

骨盤の広がり、お尻の締まりがなくなり、お腹の伸びた皮など、産後の女性は体についての悩みがつきものです。育児に追われるママ達には、時間があってもダイエットする暇はありません。
特に母乳育児の場合は、食べないとお乳が出なくなるのでしっかり食べないといけないため、食事の量を減らすわけにはいきません。何より、食事をしっかり摂らないと体がもちません。初産の場合はなおさら、毎日育児に追われて必死になります。
それでもママが頑張ることが出来るのは、やはり我が子が可愛いからです。自分の事が後回しになってしまっているママ達、是非、赤ちゃんと一緒にダイエットにチャレンジしませんか?

男の子を出産した私は、妊娠する前に比べて19kgも太ってしまいました。腰痛、膝の痛み、正直縁がないと思っていたものを体験し、このままではいけない、と奮起しました。そして、生後三か月ごろからベビーカーで毎日散歩に連れて行きました。
スマホのアプリで万歩計をダウンロードし、7000~10000歩、散歩に行くようにしていました。雨の日でも、出来るだけ連れ出してベビーカーでイオンやデパートの中を行ったり来たりしていました。

私の場合は、ずっと家に閉じこもっていると常に何かを食べてしまっていたので、とにかくまずは外に出るよう心掛けていました。
散歩や外に出る事で自分自身の気分転換にもなりますし、息子も草木や花、水をじーっと見つめたり、足をバタつかせてとても喜んでいました。
やがて歩くようになり、卒乳した時、私は次なるダイエットを実行しました。

食べる量は自然と減ってくるものなのですが、やはり、好き放題食べていると徐々に体重が増えだしたのです。
そのため、夜ご飯以降は何も口にしないようにしていると、2か月で4kg近くの減量に成功しましたが、元の体重に戻るまではもう3kg減らす必要があります。

先輩ママや実母がよく「赤ちゃんを産んだら元に戻って来るよ」と言っていましたが、鵜呑みにしてはいけません。やはり、ママ自身の少しの意識も必要になってきます。
私は体重が増えすぎたのもあり、尚更そう考えるのかもしれません。けれど、外に出た時の息子のはしゃぐ姿、靴を持って「さんぽいく!」と口にする姿は可愛くてたまらないです。

散歩に連れて行ってあげると子供も喜ぶので、是非、少しずつでも実践してみてください。