食事に気をつけて運動も取り入れる

産後ダイエットは母乳育児でない人ならば、普通の食事制限ができますが、母乳育児であれば食事制限はできません。しかし、栄養は取るけど、体に良くないもを控えるというスタンスでいけば、母乳育児なりの食事制限ができます。

a0001_010856

母乳をあげるととにかくおなかが空きますよね。それに、赤ちゃんが母乳を飲んでくれればチャラになると思いがちです。でも、その甘い考えが、産後太りを誘発します。それなので、私が産後実践した食事制限は、3食は必ず食べ、野菜、炭水化物、たんぱく質を必ず取るようにしました。そしておやつはフルーツかヨーグルトにしました。温かい飲み物はついつい甘いものを欲してしまいますが、我慢して、砂糖を使わずに済むように、ハーブティにしました。ハーヴティはカロリーもほとんどありませんし、カフェインが入っていないので、母乳育児の母親に最適です。甘いケーキやクッキー、アイスクリームなどの糖分がたくさんあるものを封印しました。ただ我慢するだけでは精神的に辛いので体重がもとに戻ったらご褒美でスイーツを食べてもよいというルールにすると、産後ダイエットの励みになります。

そして、赤ちゃんが寝ている間というのはついつい自分も睡眠をとりがちですが、あかちゃんが寝ている間、30分間は私は運動の時間にしました。運動はともかく、家の狭い場所でやるので、まずは、誰もがしっている、ラジオ体操の1と2を毎日やりました。ラジオ体操も、真剣にやるとうっすらと汗がでてくるので、なかなか頼もしい美容エクササイズなのです。それから、ヨガは外せません。産後はまだ、体が十分に回復していないので、激しい運動は、疲労になってしまいます。心も体も元気でいるためには、穏やかな運動がいいのです。ヨガは穏やかな運動ながら、体をシェイプアップするのに最適です。出産で伸びきったおなかが引き締まる助けになります。こちらはDVDを利用してやりました。

産後は、おやつを我慢すること、30分程度の運動を毎日続けることで、より早く出産前の体重と体型に戻ることができ、お勧めです!