先輩ママが実践した、赤ちゃん喜ぶダイエット

骨盤の広がり、お尻の締まりがなくなり、お腹の伸びた皮など、産後の女性は体についての悩みがつきものです。育児に追われるママ達には、時間があってもダイエットする暇はありません。
特に母乳育児の場合は、食べないとお乳が出なくなるのでしっかり食べないといけないため、食事の量を減らすわけにはいきません。何より、食事をしっかり摂らないと体がもちません。初産の場合はなおさら、毎日育児に追われて必死になります。
それでもママが頑張ることが出来るのは、やはり我が子が可愛いからです。自分の事が後回しになってしまっているママ達、是非、赤ちゃんと一緒にダイエットにチャレンジしませんか?

男の子を出産した私は、妊娠する前に比べて19kgも太ってしまいました。腰痛、膝の痛み、正直縁がないと思っていたものを体験し、このままではいけない、と奮起しました。そして、生後三か月ごろからベビーカーで毎日散歩に連れて行きました。
スマホのアプリで万歩計をダウンロードし、7000~10000歩、散歩に行くようにしていました。雨の日でも、出来るだけ連れ出してベビーカーでイオンやデパートの中を行ったり来たりしていました。

私の場合は、ずっと家に閉じこもっていると常に何かを食べてしまっていたので、とにかくまずは外に出るよう心掛けていました。
散歩や外に出る事で自分自身の気分転換にもなりますし、息子も草木や花、水をじーっと見つめたり、足をバタつかせてとても喜んでいました。
やがて歩くようになり、卒乳した時、私は次なるダイエットを実行しました。

食べる量は自然と減ってくるものなのですが、やはり、好き放題食べていると徐々に体重が増えだしたのです。
そのため、夜ご飯以降は何も口にしないようにしていると、2か月で4kg近くの減量に成功しましたが、元の体重に戻るまではもう3kg減らす必要があります。

先輩ママや実母がよく「赤ちゃんを産んだら元に戻って来るよ」と言っていましたが、鵜呑みにしてはいけません。やはり、ママ自身の少しの意識も必要になってきます。
私は体重が増えすぎたのもあり、尚更そう考えるのかもしれません。けれど、外に出た時の息子のはしゃぐ姿、靴を持って「さんぽいく!」と口にする姿は可愛くてたまらないです。

散歩に連れて行ってあげると子供も喜ぶので、是非、少しずつでも実践してみてください。

帝王切開後の産後ダイエット

第一子の妊娠では16キロ増加したものの、産後一ヶ月で元の体重に戻りましたが、第二子妊娠では10キロ増加だったのに産後1ヶ月ではたった五キロしか減らず顔はパンパン、お腹や太ももも太いままでした。上の子がいるのですぐ痩せると思っていたのですがなかなか減らずでした。

産後半年までに元に戻れば良い、と言われていましたがやはり太いままなのに耐えられず、少しずつダイエットをすることにしました。

 第一子が帝王切開だったために第二子も帝王切開でした。傷がずっとシクシク傷んだので、1ヶ月は安静にするときめて、二ヶ月から開始しました。

最初は産褥体操からはじめて寝る前や子どもたちがテレビを見ている間に軽くしていました。傷が痛くなくなってきた時に、ピジョンの産後ガードルを履いて過ごすようにしました。産後二ヶ月程里帰りをしていたのですが、最初一ヶ月は家事を余りしなかったので二ヶ月から家事を出来る限りし、晴れた日などは上の子と公園に行って体を動かすようにしました。

それでもなかなか思うようには減らず、自宅に帰った時から間食を減らし、食べるものもヨーグルトなどにして二膳食べていた白ご飯も1膳半にするようにしました。完全母乳だったので、お腹はとてもすくのでおにぎりや果物を予め作り置きしておきお腹が空いたらそれを食べるようにしていました。しかし、もともと甘いものが好きなので、週に1回はお菓子を食べる日を作りストレス解消していました。

 すると、1ヶ月約1~2キロ減り産後4ヶ月で元に戻りました。それからは食事制限もなくし、食べたい分を食べて、出来る限り子どもたちと外に出て歩くようにしています。

食事制限はなくしましたが間食はやはり控えつつ、しています。

母乳なので減りやすかったとは思いますが、軽い運動と無理のない食事制限、ガードルで体型も大分元に戻ってきました。

意外と動いてない産後の生活

元々痩せ型だった私ですが、第二子出産後、なかなか体重が減らなくなってしまいました。30代後半での出産だったので、年齢的なものも大きかったのかもしれません。
一人目出産時は、自然と体重も減っていったので、減らないという事実にショックを受けました。

そこで、自分なりに痩せない理由を分析。
二人目出産後は、上の子の幼稚園バス停までの送迎をしなければならず、幼稚園から帰ってくれば、赤ちゃん返りもあったので、赤ちゃんより手がかかるくらいで、家の中で充分甘えさせてあげなければなりませんでした。

ヘトヘトで、上の子が幼稚園に行っている間に休憩しておかなければ体力が持ちません。
赤ちゃんも、賑やかな上の子がいると、楽しくてなかなか眠らないのですが、代わりに幼稚園に行っている間は本当に良くお昼寝してくれました。

そんな私の生活は、上の子を幼稚園のバス停に送るまで、慌ただしく家事や子供の世話をし、日中は授乳しつつゆっくり休み、上の子が帰宅後は、これまた家の中でバタバタと忙しく動いていて、1日の殆どを家の中で過ごしている状態。
自分の感覚としては、こんなに忙しく追い立てられるように動き、疲れていたため、カロリーも消費されていると思っていたのですが、それは勘違いでした。
家の中でいくら忙しく動いていても、所詮狭い家の中でのこと。圧倒的に、運動量が足りなかったのです。

そこで、赤ちゃんのためにも、毎日午前中に1時間程度の散歩をするようにしました。
自分の為だけに、運動不足を解消しようと1時間も歩くことは、根気のない私には難しいですが、赤ちゃんをお散歩させるという目的があり、且つ自分のダイエットにもなるという一石二鳥のお得さがあったので、雨の日以外は、毎日続けることができました。

そして、余裕があれば、上の子が帰宅後、もう一度外に連れ出すよう努力しました。既に年長だった上の子は、まだまだ夕方も元気です。
公園まで歩いていき、ちょっと遊びに付き合い、帰宅する、これだけでも、家の中にいるよりずっと運動量が増えます。こうして、毎日子供のためを名目に、せっせと外に出続けた結果、体重は自然と減少していきました。

これ以外で心がけたことと言えば、間食の内容。なるべく食べないように心がけていたものの、授乳中はお腹が空きますよね。
どうしても食べたい気分の時は、歯ごたえがあり、少量でも満足感のある、小さめの個装された煎餅や、低カロリーの大豆ビスケットなどを食べていました。
他の物は、子供のオヤツ意外極力買わず、とにかく家に置かないというのが、間食を我慢する成功の秘訣です。

産後って物凄く体力消耗するのですが、赤ちゃんとの生活は、家の中で過ごすことが多く、意外にも運動量は少ないもの。外に出て、赤ちゃんの気分転換を兼ねつつの散歩ダイエットは、赤ちゃんもご機嫌で過ごせて良いダイエット方法でした。