産後ダイエットをする時期

出産しても、産前に比べて、大して体重は減らないんだなぁ、と産後に実感する方は多いと思います。妊娠前と比較してしまうと、それはもう、結構、体重は増えていますし、体型も言うまでもなく、変化しています。

早く、元の体重や体型に戻りたいと焦る気持ちもあるでしょうが、この時期に一番大切なことは何かを考えるべきだと思います。

それは何よりも、赤ちゃんを育てる、ということです。もし、母乳で赤ちゃんを育てるのであれば、わりとスムーズに体重は落ちていくことが多いです。これには個人差があるので、過度に期待しすぎるのも良くないですが、授乳によって、元の体重よりも減ってしまった、という話もよく聞きます。赤ちゃんは母乳によって、栄養を摂っていくので、母親は栄養のあるものを多く食べる必要があります。ただ、食事内容によっては、乳腺炎の原因になることもあるので注意が必要です。

もし、母乳が出ない等の理由で、授乳せずに粉ミルクで育てる場合も、食事はしっかりととるべきです。なぜならば、慣れない育児で身体は想像以上に疲れていますし、赤ちゃんを抱っこしたり、夜泣きが続くことも多くあるので、本当に体力勝負なんですよね。そのような時に、ダイエットをしようとして、過度な食事制限をしてしまうと、後で身体に負担がかかってしまうことが多々あります。育児は毎日続くものです。母親が倒れてしまわないように、まずは、しっかりと栄養のあるものを食べるべきです。

育児に慣れて、目を離せなくなるほど赤ちゃんが動き回るようになると、親も必然的に、赤ちゃんのお世話で動き回るようになります。赤ちゃんの離乳食が進んで、卒乳したり、粉ミルクが必要なくなった頃に、まだ母親の身体が産後太りの状態だったら、少しずつ、ダイエットを意識したら良いかと思います。赤ちゃんと一緒に遊んだり、日々の家事をすることで、かなり身体を動かしているかと思いますので、まずは栄養バランスの良い食生活にするよう心がけましょう。

無理をしない一石二鳥の産後ダイエット

産後、自然と体重が減っていくという方も多いと思います。特に母乳育児をしていたり上にお子様がいらっしゃればなおのこと。
ですが、順調にみえた体重減少が時間が経つにつれ緩やかになり、結局数年後にはリバウンド状態になることも珍しくはありません。そうならないためには、産後の生活でほんの少し意識をしてみるのがいいでしょう。

yellow

ダイエットと聞き誰でもかんたんに始められるのが「食事制限」です。しかし、産後ママの場合は必要な栄養素がたくさんあります。無理な食事制限で栄養不足になってしまっては自分のためにも赤ちゃんのためにもよくありません。
では、実際にどんな食事がよいのでしょうか。こう意識してみると答えが出てくるかと思います。それは「母乳に良い食事」です。

母乳に良い食事といえば、低カロリーな和食ですね。揚げ物など脂っこいもの、乳製品を控えます。また、牛乳は豆乳に、甘いものが食べたいときは洋菓子より和菓子を食べるようにしましょう。一日三食きちんと食べ、小腹がすいたときは昆布やこんにゃくゼリーなど低カロリーのものを食べましょう。間食を我慢しないだけでもストレス解消にはなりますし、普段の食事を気を付けていれば少しの甘味だけでも心が満たされるようになります。
大切なのは、無理をしない範囲でこれを続けていくことです。

さて、ダイエットといえば食事制限の次に思い浮かぶのが「運動」です。しかし産後ママはとにかく忙しいですよね。ですが食事制限だけでは限界がありますので、運動は取り入れないわけにはいきません。そこでおすすめしたいのが、ウォーキングです。
一日に一回、必ずどこかへ出かけましょう。スーパー、コンビニ、銀行、公園、どこでもいいのです。すべて車で行っていた場所をベビーカーで歩くだけ。車で10分のスーパーでも歩けば30分ほどかかることも多いはずです。
気分が良いときはいつも行く店より少し遠い店まで歩いてみましょう。

赤ちゃんも外の空気を感じ景色を見ることでたくさんの刺激を得られますし、ママにとっては気分転換にもってこいです。夏場は早朝に公園に行くだけでも良いですし、冬場はショッピングセンター内を歩くのもいいですね。

こうして日課にしていくことで無理なく産後ダイエットができるかと思います。歩くときはベビーカーに体重をかけてしまっては意味がありませんのでご注意ください。運動もやっぱり続けることが一番です。ぜひ、赤ちゃんもママも気分よく、一石二鳥のダイエットを楽しんでくださいね。