無理のないダイエット

046_R

産後、なかなか体型が戻らずに悩んでいるママも多いと思います。妊娠中にむくんだ体、大きくなったお腹など、気になるところは多いはずです。10ヶ月かけて赤ちゃんを育ててきた体ですから、急激に体型を戻そうとすると病気になって体調を壊してしまったり、更年期に入った時にその影響が出てしまいます。産後に体型を元に戻すには緩やかにダイエットをしていくのが一番おすすめです。

体は元に戻そうという力があるので、一年くらいかけてゆっくり、ゆっくりと戻っていきます。でも、気を付けておきたいのは、元に戻る力があっても、その力に甘えてはいけないということです。産後はストレスなどで過食になってしまうこともあります。食べ過ぎてしまっては元に戻る体型も戻らなくなってしまいます。残ったからもったいない、と言って残り物を食べていると気が付かないうちに体重が増えていってしまうので、食事以外では食べないようにするのが良いでしょう。

そして産後の一番のダイエット方法は授乳です。授乳は本当にカロリーを消費するので、産後の体を元に戻すのに一番手早い方法です。

食事はなるべく根菜など体の温まるカロリーの少ない野菜中心。バランスよくいろいろな食材を少しずつ食べるようにしましょう。授乳している回数が多ければカロリーは消費されていくので、体は元に戻りやすくなります。ただ、授乳しているからと言って食べすぎは禁物です。カロリーの高いものは質の良いおっぱいも出ないので、野菜や果物を積極的に摂るようにしましょう。
また、授乳中のダイエットに関しては「授乳中からOK | 産後ダイエットガイド」も参考になります。

最後に、適度な運動として、赤ちゃんと一緒に遊んだり抱っこしながらエクササイズやスクワットをするのもおすすめです。少し食べすぎたかな?と感じた時は赤ちゃんを抱っこしながら軽く動いてみるのもおすすめですよ。

妊娠前よりも好きな自分になるために

妊娠、出産での骨盤の広がりと歪みが産後太りの解消に大きく妨げになるのはたくさんのダイエット本によく書かれていることと思います。

私も実際に出産後の骨盤の広がりをサイズから感じていましたし、鏡に映る自分のヒップのあたりに嫌悪感をいだかざるをえませんでした。

骨盤を広がらせないと出産はできませんでしたが、産後は広がったままにしておく必要はないのです。また、広がったままだと動きやすい状態で歪みもでてきやすくなります。

そこで、私は、骨盤矯正のために骨盤ベルトを使用しました。

妊娠中から使えるものでしたが、その時は腰痛防止に使用していました。

産後に骨盤を固定することで広がった骨盤がゆがむことを防止し姿勢も整えることができました。

寝るとき以外ただ下着の下に骨盤ベルトを装着するだけです。

月に一度腰痛改善の骨盤矯正に助産院に通っていたので、そこで測定していたのですが、産後直後と産後半年では2センチ以上骨盤周りの大きさが違いました。

出産後はお尻まわりが大きくなってしまうというのはよく聞きますが、実際にもそう見えましたし実測値からもわかりましたが、産後の骨盤ベルトで産前の値までもどっていく様子はとても嬉しかったです。体重というのは、水分量や体脂肪なども関係しているのですぐに結果がでるというのは難しいのと、小さな子供のお世話をしながら制約のある日常を過ごすのはとてもストレスです。ながらでできることや、体のバランスを整えるだけで自分なり女性らしい体形を維持できるというのはとっても魅力的ではないでしょうか?

骨盤ベルトの購入以外は一切お金も使わずに済みますし、時間も自分の起きている時間に何かをしながらで十分です。ただ、装着し姿勢に気を付ければいいという点では、とても取り入れやすく継続しやすい内容と思います。